スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日(--) --時--分

猫は付き合いやすい

家から駅までの道に、よく三毛猫が寝ている。

昼も夜も人通りの多い路地なので、よく誰かに撫でられている。

あいつは誰にでも撫でられる猫だ。


今日は、午後にジムに行こうとしてそこを通ったらちょうどその猫が寝ていて、先客がいなかったのでしゃがみこんで少し撫でたら、「ぐりん」と体を回転させて気持ちよさそうに撫でられてくれた。

こいつめ。

でもジムに行かなきゃいけないので、チョチョっと撫でて、立ち上がってバイバイしてまた歩き出した。


そういえば、猫にはこんな風にしても罪悪感が残らない。
撫でた動物が気持ちよさそうにしているとやめ時がわからなくて困るのだけど、猫はたぶん、こちらがあっさりやめてもなんとも思っていない。

だから、猫は付き合いやすい。

私は人並み以上に猫が好きだけれど、それより少し多めに犬が好きだ。
けれど、こういうところは猫がいい。
猫は後腐れがなくて最高だ。
猫は付き合いやすい。


私の性格は完全に犬なので「付き合いづらいのだろうな」と思う。

執着もなく、なんとなく撫でられて、やめられても別に何も感じない猫のような女ならば。


なれるわけでも、なりたいわけでもないので、このまま犬好きな人にかわいがられるのを待つけど。


2017年06月12日(月) 00時53分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。