FC2ブログ

手応えない毎日

昔働いていた会社の後輩ちゃんから数年ぶりに連絡があった。

転職してコピーライターに戻ったよって伝えたら「言葉や表現に関わる仕事をしていてくれてうれしい」と言われた。


私、ほんとうに、そんなんじゃないんだよ。


当時はIT企業で、まわりはデザイナーやエンジニアが多く、ライター経験者は私ひとりきりだった。
そして未経験の後輩が数人。それと外注ライターさん。

ライターという仕事がフワフワ浮いているような会社にいたので試行錯誤したけれど、後輩ちゃんは私の書くものと私自身をその当時からすごく評価してくれていた。

辞めた後も「他のライターさんに頼んだけど全然良くないんです」って連絡をくれたり。

私もそのときは自信があった。
文章の向こうにいるお客さんめがけて書いていた。
後輩たちや外注ライターさんの書いたものにすべてディスプレイ上で校正をかけていたので、めちゃくちゃ酷いドライアイで苦しんでいたけど。


ちがう。
振り返って見る景色ほど綺麗に見えるだけ。

私そんなんじゃないんだよ。
前からずっとダメなんだよ。
今なんか小手先だよ。何も書いてないし。

ネットを眺め、テレビを眺め、同じ本を何度も読む。
暮らしに新しいことはなくて、ちょっと外を散歩してはみるけど、だいたい毎日何も変えずに澱んでいる。

生きていて「手応える」ってことがない。

何もない。


いや、友だちと遊ぶことと厳しめにやってるときの減量ぐらい……。

(厳しめ=朝と晩をプロテインにします。3週間やって今ちょっと挫けてます。今日はおいしいものを食べます)


2018年08月19日(日) 09時48分